働き方改革に関する研修 : 働き方改革【入門編】 教育事業部 | 株式会社エムズカンパニー


介護と仕事の両立支援セミナー~介護の基礎知識と両立支援のコツを伝授!~

今後、介護に直面する社員の急増が予想される中、年間10万人にのぼる「介護離職」を防ぐ為、企業としてどのような「介護と仕事の両立支援」を行ったらよいかを、介護の基礎知識と合わせて、効率的に学べるセミナーです。

【セミナーの背景】

団塊の世代が70歳に達し、少子高齢化が進む日本では、年間10万人が介護を理由に離職しています。
一方、労働人口は減少し続けており、優秀な人材を量・質ともに確保していくことは、企業にとって重要な課題となっています。

介護は、ある日突然直面する可能性もあります。その時に知識や心構えがないと、仕事との両立に不安を感じて悩んだり、離職するリスクも高まります。

企業側は、従業員に対して事前に必要な知識や自分事として考える機会を提供したり、あるいは両立することになった従業員に必要な情報を提供するなど適切な対応をしていくことが望まれます。
また管理職も、仕事と介護を両立する社員を適切に支援し、能力を発揮できる職場環境にするため、正しいマネジメントを身に付ける必要があります。

貴社の大切な人材が、今後介護でやめることがないよう、そして能力を活かして働き続けることができるよう、このセミナーで今から始めるべきことをお伝えします。

 

【セミナー概要】

当セミナーでは、初めに介護を取り巻く現状と、介護保険制度や「仕事と介護の両立支援制度」について解説し、なぜ「仕事と介護の両立が必要なのか」を、従業員にとってのメリットも含めてご説明いたします。
ワークでは、自分の家族に介護が起こった場合を想定して、どのような問題が起こりうるかをイメージし、ディスカッションしていただきます。
また、ケーススタディを通して、介護に直面した従業員に対して、どのような支援を行ったら良いか、介護離職を防ぐためにどうすれば良いかなどを考えていただきます。
最後に、介護と仕事を両立するポイントや両立するために今からできることについて、解説します。

当セミナーは「管理職向け」を想定していますが、社内導入時には「経営層向け」や「全社員向け」等にカスタマイズが可能です。

プログラム(90分)

  1. 介護を取り巻く現状
  2. なぜ「仕事と介護の両立支援」が必要なのか
  3. ワーク
  4. 仕事と介護の両立支援制度と両立のポイント
  5. ケーススタディ

参加者の声

  • 具体的な対策はまだ行っていなかったが、現状を把握すること、介護が起きた場合の備えなど、検討すべき項目について、気づきの機会になった。
  • 働き続けることの大切さ、そのために環境を整えることの大切さを知ることができた。
  • 介護に対して漠然と不安に思っているだけだったが、何をするべきか、明確になった。
  • グループで話し合うことで、情報共有することもでき、有意義だった。
  • 自社の両立支援制度を見直すきっかけになった。
  • ディスカッションで介護経験がある人の話が聞けて、大変参考になった。

講師のご紹介 平野 直子(ひらの なおこ)

講師 平野 直子(ひらの なおこ)

FPオフィス Life & Financial Clinic共同代表
企業内研修講師、ワークライフ&マネーバランスコンサルタント、ファイナンシャルプランナーCFP®、宅地建物取引士、All Aboutマネー「ふたりで学ぶマネー術」ガイド、ホームヘルパー2級、福祉住環境コーディネーター2級、ハウジングライフプランナー

【略歴】
都市銀行等勤務を経て、2005年、夫とFPオフィス Life & Financial Clinicを創立。
企業・団体向けに研修・セミナー、個人のファイナンシャルプランニング相談、消費者向けセミナーを実施。
「仕事と育児・介護の両立」等の研修では、お金の面から見た重要性や実際の相談現場での事例を数多く紹介。受講した方々から「事例がイメージしやすく、大変分かりやすい」と好評をいただいています。

【著書】
「30代夫婦が働きながら4000万円の資産をつくる 考え方・投資の仕方」


ページのトップへ